パティシエとしての就職について

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

パティシエ就職ケーキやお菓子を作ったり食べたりするのが好きで、将来パティシエをめざしているという方も多いですよね。


でも、「本当にパティシエとして就職できるか心配」という不安もあるはずです。

パティシエの就職について、どんな仕事先があるのか、どうやってなるのかなど、この記事でまとめてチェックしましょう。

 

パティシエの仕事

スイーツのイメージパティシエの仕事は、ケーキ、クッキー、プリンなど、いろんな種類のお菓子をつくることです。


大きなお店だと、お菓子の種類ごとに担当が決まっていることもあります。


そしてお菓子を作るだけではなく、接客もするパティシエもいます。


お客さまにお菓子を売ったりデザートを出したりすると、喜んだ顔を直接見られるので、大きなやりがいを感じることができますよ。

パティシエの就職先

パティシエといったら、どういう姿を想像しますか?
ケーキ屋でケーキを作っている姿でしょうか。


実はケーキ屋だけでなく、パティシエには就職先がたくさんあります。


パティシエにはどんな就職先があるのか、1つずつ見ていきましょう。

洋菓子店(ケーキ屋)

パティシエの多くは、生菓子や焼き菓子など、いろいろな洋菓子を売っている洋菓子店で活躍しています。


洋菓子店では、誕生日でお菓子を買っていく人や、新作のお菓子を楽しみに来る人もいます。


そんな人たちにお菓子を買ってもらえるのが、洋菓子店のパティシエの良いところです。

レストラン、カフェ

パティシエの就職先には、レストランやカフェもあります。


レストランでは、料理を作るシェフの近くでデザートを作ることもあります。


またカフェでは、スイーツだけでなくカンタンな料理作りもするかもしれません。


もし、いろんな料理に興味があるなら、レストランやカフェで働くのがおすすめです。

ホテル

ホテルには、バイキング会場、レストラン、ブティック、結婚式場、宴会場など、パティシエが活躍できる場所がたくさんあります。


それぞれの担当が分かれているホテルもあれば、日によって担当が変わるホテルもあります。


パティシエとして、作ったものをより多くの人に楽しんでもらいたいなら、ホテルが向いているでしょう。

パティシエの就職は厳しいの?

パティシエの就職先は、思ったよりたくさんありますね。


このようにたくさんの就職先があるので、いろいろなお店がパティシエを必要としています。


ぜひ、パティシエとして活躍する道を目指してみてください。

高卒でもパティシエになれる?

高卒でもパティシエにはなれますが、覚悟が必要です。


そのためパティシエになるには、できるだけ専門学校で勉強することをおすすめします。

パティシエとして就職する方法

パティシエが話し合っているイメージでは、パティシエとして就職するにはどんな方法があるのでしょうか。


ここでは3つの方法をご紹介します。

求人サイトで探す

インターネットで「パティシエ 求人」と調べると、パティシエの就職先がたくさん出てきます。


働く場所や給料から条件を選べるので、たくさんの募集の中から自分にぴったりのものを見つけることができます。


しかしインターネットで探すと、経験者の方が合格しやすかったり、経験者しか応募できなかったりする募集も多いので、どちらかというと転職したい方のための方法です。

店舗の求人情報を見る

近所のケーキ屋やレストランで、パティシエを募集していることもあります。


お店に張り紙がしてあったり、お店のホームページに情報があったりするので、気になるお店があれば見てみましょう。


高校生でアルバイトがしたいなら、いきなりパティシエとして働くのは難しいですが、レジ販売やキッチンとして応募するのもいいでしょう。


パティシエの仕事や作ったものをすぐ近くで見ることができるので、いい勉強になりますよ。

学校の求人情報で探す

製菓の専門学校に通うと、先生が働く場所を紹介してくれます。


卒業生が就職しているお店を紹介してくれることも多いので、安心して就職先を選ぶことができます。


他にも、実習で行ったお店にそのまま就職するということもあります。


専門学校に通うと、働く場所を選ぶときも安心です。

パティシエとして活躍しよう!

パティシエの活躍の場はたくさんあるので、パティシエとして就職するチャンスも多いです。


高校を卒業してすぐ就職することもできますが、「ちゃんと勉強してからパティシエになりたい」「就職したらすぐに活躍したい」という人は、専門学校に通うといいでしょう。


パティシエとして活躍するために、どんな場所で働きたいか、今から考えてみてくださいね。
>>パティシエになるための方法はこちら

卒業生メッセージ
オープンキャンパス