パン職人(ブーランジェ)の仕事内容を解説。仕事はパン作りだけじゃない!

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

パン職人(ブーランジェ)の仕事といえばパン作りですが、それ以外にもさまざまな仕事があります。

今回は知っているようで意外と知らない、パン職人の仕事内容を紹介します。

パン職人(ブーランジェ)の仕事内容とは?

パン職人(ブーランジェ)は、普段どんな仕事をしているのでしょうか。
仕事内容を詳しく見ていきましょう。

パン作り

パン職人のメインの仕事といえば、パン作りです。
パン生地を仕込んだり、形を作ったり(成形)、焼き作業をしたり(焼成)と、パン作りにはさまざまな工程があります。

各工程で担当者が分かれている場合もありますが、全ての工程を1人で行うこともあり、お店によって様々です。

また、開店時間に間に合わせるため朝早くからパン作りを行い、商品を棚に並べます。

パンの焼き加減に注意したり、お客さんがたくさん来るピークの時間に合わせて焼き上がりを調整したり、パン職人は細かく気を配りながらパンを作ります。

接客

売り場で接客を担当するスタッフがいることも多いですが、パン職人自身が接客をする場合もあります。

レジで会計し、お客さんの対応をするのが主な業務です。

イートインやカフェが併設されているお店なら、お客さんにパンや飲み物を提供することもあるでしょう。

商品開発

パン職人として経験を積むと、商品開発を任されることもあります。

商品開発をするには、お店の商品の知識を身に付ける他、どんなお客さんが来店するか十分理解していなければなりません。

他のパン屋の商品を研究することもあるでしょう。

パン作りの仕事に加えて商品開発もすると忙しくなりますが、自分のアイディアを形にできるやりがいのある仕事です。

そのため、「いつかは自分で考えたパンを売りたい」という夢を持つパン職人も多くいます。

その他

新人のうちは、掃除や洗い物を任されることが多いでしょう。
厨房や製パン機器を清潔に保つのも、大切な仕事です。

また、パン屋のオーナーになると、材料の発注や経理などの経営に関わる仕事も行います。

パン職人(ブーランジェ)の1日

パン職人(ブーランジェ)の1日朝の6時頃から仕込みを始め、パン作りをして開店までに並べます。

開店後は、お店によってはパン職人も接客をするところもあります。
また、昼のピークに合わせて引き続きパン作りを行います。

ピークが過ぎたら、翌日分のパン生地を仕込みます。
閉店後は片付けと清掃です。

商品開発のために、閉店後お店に残って試作をする場合も。

1日のスケジュールを見ると「長くて大変」と思うかもしれませんが、実際は早い時間に働くスタッフと、遅い時間に働くスタッフにシフトが分かれていることが多いです。

>>パン屋さんの1日って?流れについて解説

パン職人(ブーランジェ)のやりがい

パン職人のやりがいは、自分の作ったパンでお客さんを笑顔にできることです。

また、パン職人としての自身の成長を感じてやりがいを感じることもできます。

パン作りは繊細な作業で、計量や成形など各工程にコツが必要です。

経験を積むにつれて丁寧かつスピーディーにパン作りができるようになると、成長を感じられるでしょう。

スキルアップして商品開発に携わるようになると、自分の考えたパンを多くのお客さんに買ってもらえることで、さらに大きなやりがいを感じることができます。

パン職人(ブーランジェ)の大変なところ

どんな仕事にも言えることですが、一人前になるまでに努力が必要です。

最初は掃除や洗い物、決められた量にパン生地を分ける作業(分割)、焼成の補助など下積みの仕事が多いです。

こうした下積みの仕事をこなせるようになって、やっと本格的にパン作りを任されます。

ただし、専門学校などでパン作りを勉強している場合、基本的な技術はしっかり身に付いているので、早い段階でパン作りの仕事を任される可能性が高いです。

パン職人(ブーランジェ)になりたいと思ったら

パン職人(ブーランジェ)になりたいと思ったらパン職人になりたいと思ったら、まずはパン作りを体験してみてはいかがでしょうか。

実際にパン生地に触ってみたりパンを焼いてみたりすることで、パン職人の仕事のイメージがわいてきます。

神戸製菓専門学校では、毎月オープンキャンパスを開催中です。
プロのパン職人が教える本格的なパン作りを、ぜひ体験してみてください。

パン実習見学会も開催しているので、「まずは試しにパン作りを見てみたい」という方も気軽にお越しください。

>>オープンキャンパス | 神戸製菓専門学校

>>パン実習見学会 | 神戸製菓専門学校

まとめ

パン職人(ブーランジェ)の主な仕事はパン作りですが、他にも接客や商品開発などさまざまな仕事があります。

パン職人は、自分の作ったパンでお客さんを笑顔にできる素敵な仕事です。
パン職人になりたいと思ったら、まずはプロと一緒に本格的なパン作りを経験してみると仕事のイメージをつかめるでしょう。

卒業生メッセージ
オープンキャンパス