未経験でもパン屋・ベーカリーに転職できる?面接で聞かれる志望動機や質問をご紹介

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

「パン屋やベーカリーのお仕事に憧れを抱きつつも、今まで夢に挑戦できずにいた」という方にとって、未経験でもパン屋・ベーカリーに転職できるのかどうかということは、気になりますよね。

この記事では、未経験でもパン屋やベーカリーに転職できるかどうかについて、また、面接で聞かれる志望動機や質問についてご紹介していきます。

そもそもパン屋とベーカリーの違いは?

パン屋とベーカリーの違いをご存知でしょうか。パン屋は日本語で、ベーカリーは英語ですが、それぞれの言葉の意味に違いがあります。

ベーカリーは英語で表すと「bakery」となり、「bake」は焼くという意味です。

「bake」には、パンだけでなくお菓子などを焼くという意味も含まれるので、ベーカリーはパン以外にも洋菓子を焼いて販売するお店のことを指します。

未経験でもパン屋・ベーカリーに転職することは可能?

結論から言うと、未経験でもパン屋やベーカリーに転職することは、可能であると言えるでしょう。その理由として3つ挙げられます。

1つ目の理由は、パン屋やベーカリーは、パートやアルバイトなど非正規雇用から働くことができるので、幅広い年齢の方が未経験でも採用されるチャンスがあることです。

未経験から正社員になることは難しいかもしれませんが、パートやアルバイトで経験を積んで昇格するという方法もあります。

2つ目の理由は、未経験でも販売スタッフとして働きながら経験を積むことが可能なこと。

「未経験者の製造スタッフを募集していないお店で働きたい!」という場合は、まずは販売スタッフから始めるのも良いでしょう。

そして3つ目は、パン屋やベーカリースタッフには需要があることです。

パン屋やベーカリーの中には人手が足りていないお店も多く、未経験者の転職を積極的に受け入れている場合もあります。

パン屋・ベーカリーへ転職する際の志望動機のポイント

パン屋やベーカリーへ転職する際に、考えなければならないのが志望動機です。

好印象を与える志望動機を考えるためのポイントをご紹介します。

パン作りやパンの販売に対する熱意があるか

「パン作りが好き」「パンの販売を通してお客さんを笑顔にしたい」といった想いも、大事な志望動機になります。

しかし、ただ「パン作りが趣味だから」という理由では、志望動機として魅力的ではありません。

面接では、好きなパン作りを通して、そのお店にどのように貢献ができるか、パン作りに対する情熱や、上達したいという意欲があるかといったことが見られるという意識をしておきましょう。

なぜそのパン屋・ベーカリーで働きたいのか

面接の際に、パン屋やベーカリーに転職したい理由を具体的に伝えることが重要です。

また、なぜ他のパン屋・ベーカリーではなく、うちの店への転職を希望するのかということを伝えられなければ、志望動機が伝わりにくくなってしまいます。

転職を希望するお店が好きな理由や、自分が貢献できると思った理由を、考えてみましょう。

明確なビジョンを持っているか

パン屋やベーカリーで働く上で、どのようなビジョンをもっているかという点も、志望動機を考える際に重要になります。

ビジョンとは具体的に言うと、転職した後にどんなことを大事にしながら働きたいのか、働く上で将来どんなことに挑戦したいかということです。

面接時に明確なビジョンを伝えることで、お店や企業とのミスマッチを避けることもできます。

パン屋・ベーカリーの面接でよく聞かれる質問

パン屋やベーカリーの面接の際に、よく聞かれる質問を事前に知っておくことで、面接を有利に進められます。特に聞かれることの多い質問を、ご紹介します。

シフトに入れる曜日と時間

シフトに入れる曜日と時間は、お店側にとって重要なポイントです。

パン職人は早朝に仕込みをする必要があるので、パン製造を希望しているのにも関わらず、朝のシフトに入れないという場合は、面接に落ちる可能性が高いでしょう。

また、朝が苦手な人はそれを素直に伝えてしまうと、印象が悪くなってしまいます。

これまでの業務経験

面接の際に、職歴やこれまで経験した業務内容を聞かれることも多いです。

一見、パン屋やベーカリーの仕事とは関係なさそうに思えることでも、業務で上げた成果や取り組んできたことを話してみましょう。

例えば、リーダーのポジションの経験がある人は、業種に関わらず、マネジメント能力があるというアピールができます。

前職を辞めた理由

なぜ前職を辞めたのか、なぜパン屋やベーカリーに転職しようと思ったのかということを聞かれる可能性は高いでしょう。

ここで注意したいのが、前職を辞めた理由が人間関係や労働環境であったとしても、ネガティブな内容を理由にしないことです。

「自分の能力を高めたい」「志望するお店が魅力的」というポジティブな理由の方が、印象が良くなります。

未経験でパン屋・ベーカリーに転職したいなら、専門学校に通うべき?

未経験からパン屋やベーカリーに転職したい場合、専門学校に通った方が良いのでしょうか?

未経験でも採用してくれるお店はありますが、未経験からいきなりパンの製造に関わることができるお店は多くないでしょう。

製パンの専門学校に通って、即戦力になれる知識と技術を身につければ、未経験でもパン製造の仕事に転職できる可能性が高くなります。

また、専門学校に通うメリットとして、就職先を紹介してもらえることも。

人員が不足しているお店では、未経験者を育てる余裕がない場合も多いので、専門学校の卒業生を即戦力として積極的に採用することがあります。

まとめ

未経験でもパン屋やベーカリーに転職することは、不可能ではないことがわかりました。

さらに、パン職人への転職を希望するのであれば、製パンの専門学校に通うことで、即戦力になれる知識と技術が身につくのでおすすめです。

神戸の中心、三宮駅から徒歩で通える神戸製菓専門学校製パン本科なら、年間810時間の実習・演習で、パン作りの技術はもちろん、現場で必要なコミュニケーション能力やスピード感も鍛えられます。

まずはお気軽に、無料の資料請求やオープンキャンパスを利用してみてはいかがでしょうか。

卒業生メッセージ
オープンキャンパス