パン屋さんの1日って?流れについて解説

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

パン屋さんの一日パン屋さんは、パンで多くの人の笑顔を作ることができる仕事です。

行きつけのパン屋さんの香りを思い出すだけで、幸せな気持ちになりますよね。

この記事では、そんなパン屋さんの1日の仕事の流れについて解説していきます。

「これからパン屋さんになりたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パン屋さんの1日の流れ

パンを制作しているイメージ
パン屋さんがどんな風に働いているのか気になりますよね。

そこで、ここからはパン屋さんの1日の流れを簡単に解説していきましょう。

6:00 出勤
パン屋さんに行って、仕込みを始めます。
前日から仕込んでいる生地があれば、その確認も行います。

8:00 焼き上げやパンの陳列
焼き上げを行いつつ、焼きあがったパンを並べていきます。

9:00 開店
パンを並べ終わったら開店します。
接客をすることもあります。

11:00 休憩
少し早めの休憩を取ります。
しっかり休んでリフレッシュしましょう。

12:00 接客と焼き上げ
朝に仕込んだ生地を焼き上げつつ、接客をしていきます。
一緒に働くスタッフと協力してこなしていきましょう。

16:00 翌日の生地の仕込み
お客さんの数が落ち着いてきたら、翌日に焼くパンの生地の仕込みをしていきましょう。

19:00 閉店
明日の生地の仕込みが終わったら、片付けをして閉店作業をします。
次の日も気持ちよくお仕事ができるようにしっかり掃除しておきましょう。

このような流れでパン屋さんは働いています。

朝の6時から夜の19時までという流れを紹介したので、長い時間働くのは心配だと感じてしまった方もいたのではないでしょうか。

実際には、早い時間に働くスタッフと遅い時間に働くスタッフとで分かれてシフトが組まれていることが多いので、安心してくださいね。

パン作りを楽しみながら、しっかりスキルを磨いていくことが出来ますよ。

パン屋さんとしてのやりがいとは

パン屋さんとして働く上での一番のやりがいは、「パンでお客さんを幸せにすることができること」です。

美味しいパンを食べることができれば、1人で食べるパンであっても、友達と一緒に食べるパンであっても、家族と一緒に食べるパンであっても、そのどれもに幸せな思い出が生まれます。

美味しいパンを食べたお客さんは、「またあの美味しいパンが食べたい」という気持ちで、勉強を頑張ってくれたり、お仕事を頑張ってくれたり、家事を頑張ってくれたりしています。

皆さんも、美味しいパンの存在に何度も救われた経験があるのではないでしょうか。

例えば街を歩いていた時に、焼きたてのパンの匂いがしたらとても幸せな気持ちになりますよね。

美味しいパンを食べて幸せになれれば、毎日の生活がとても豊かになります。

実はパン屋さんはただパンを売っているわけではなく、そんな幸せをみんなに届けることができるやりがいのあるお仕事なんですね。

パン屋さんになって1人でも多くの人を幸せにしたいと思うことは、とても素晴らしいことです。

美味しいパンをたくさん作って、美味しい幸せを街中に届けることを目標にしてみてくださいね。

忙しい時期はいつ?

悩むパン屋さんのイメージパン屋さんが忙しい時期は、お店によって異なります。

例えば、パン屋さんとしてケーキも販売している場合、クリスマスの時期や結婚式シーズンは注文が多くなるので、忙しくなりがちです。

また、人気のパン屋さんとなれば、土日になるとお客さんがたくさん並ぶこともあります。

そういった場合には、平日よりも多めにパンを焼くなどの対応が必要になるので、少し忙しくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、スタッフ同士でしっかり協力してお仕事ができれば、遅い時間まで残って働いたりすることはあまりありません。

パン作りを楽しんでいるうちにあっという間に時間が過ぎてしまいますし、むしろもっとパンについて学びたいと思ってしまうかもしれません。

普段からパン作りを通じてスタッフと信頼関係を作り、「一緒に美味しいパンをお客さんに届けよう」という気持ちを持っていれば、少し忙しくても楽しく乗り越えることができますよ。

まとめ

この記事では、パン屋さんの仕事の1日の流れをご紹介しました。

パン屋さんになって働いてみたいと思っていた方は「楽しそう!」と思ったのではないでしょうか。

しかし、実際にはパン屋さんの大きさなどによって忙しさや働く時間は異なっています。

働きたいと思うパン屋さんを見つけたら、まずはしっかり時間を確認しておくようにしましょうね。

また、パン作りをこれまでしたことがない方や、まだ少し自信がないという方の場合には、パン屋さんで働くために必要なパン作りの知識を基礎から学べる専門学校でスキルアップするのがおすすめです。

専門学校なら、丁寧に基礎から教えてもらえるので、パン屋さんとして働き始めてからも安心です。

さらに、パン作りが大好きな仲間と一緒に学ぶことができるので、楽しく知識と技術を身につけていくことができますよ。

専門学校でパン作りについて基礎からしっかり学び、自信をつけてからのチャレンジを検討してみてくださいね。

パン作りのプロ「ブーランジェ」を目指すなら神戸製菓専門学校で学びませんか?

ブーランジェ(パン職人)を目指したいのであれば、神戸の中心・三宮駅から徒歩10分の神戸製菓専門学校をおすすめします。

神戸製菓専門学校の製パン本科は、関西で唯一の1年間でパン作りのプロを目指すことができるカリキュラムです。

1年間の約84%が実習・演習で、現場でどの工程を担当する場合でも即戦力になれる知識と技術を身につけます。

パン作りのプロから直接指導してもらうことが可能で、1年間で160種類以上のレシピを学びます。

卒業後は国家検定「パン製造技能士2級」の資格取得も目指せます。

開業を目指す方には開業サポートがあり、卒業後のサポートも充実しています。

卒業生の声

早く現場に出て働きたかったので、1年間で集中して学べる神戸製菓を選びました。入学後1ヶ月で自分の成長を実感できたので、今後の実習も楽しみです。(愛媛県出身)

実習では毎回、反復練習をするのでだんだんと技術が上達していきます。一人暮らしも最初は不安でしたが、クラスメイトに同じ県出身の子がいるので一緒に頑張っています。(兵庫県出身)

卒業生メッセージ
オープンキャンパス