高校生がパン職人(ブーランジェ)になる方法とは?

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

高校生がパン職人(ブーランジェ)になる方法とは?
将来はパン職人(ブーランジェ)になりたいと考えている高校生にとって、どのように夢を目指したら良いのかということは非常に大事です。

パン職人(ブーランジェ)になる方法について、まだ漠然としたイメージしか掴めていない人もいるかもしれません。

この記事では、高校生がパン職人(ブーランジェ)になるために必要なことについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

パン職人(ブーランジェ)とは


パン職人(ブーランジェ)と一口に言っても、業務内容や働く場所は多岐に渡ります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

パン職人(ブーランジェ)の仕事内容

パン職人(ブーランジェ)はその名の通りパンを作る職業です。

パンの基本的な作り方としては、パン生地に材料を混ぜて捏ねたら寝かせて、その後に成形を行ってからオーブンまたは窯で焼きます。

数種類のパンを同時に焼く必要があるため、パン職人には効率的に作業ができるスキルが求められます。

パンの製造に加えて、製造する前の段階の仕込みや材料の選定と発注、後片付け、新作パンの考案なども業務内容の一つです。

パン職人は朝早く出勤してその日販売する分のパンの製造を行います。

パン職人(ブーランジェ)の働く場所

パン職人(ブーランジェ)が働く場所は大きく分けると、チェーン店のパン屋さん、個人経営のパン屋さん、ホテル・レストラン、製パン会社の3種類あります。

チェーン店や個人経営のパン屋さんとホテル・レストランはパン職人の手で1からパンを製造しますが、製パン会社の場合はすべて機械でパンを製造します。

前者の方がパン職人と聞いてイメージするものに近い印象はありますが、パン職人を目指す人にとっては製パン会社も進路の選択肢の一つです。

パン職人(ブーランジェ)になるための方法とは?


パン職人(ブーランジェ)になるためにはいくつかの方法があります。

どんな方法があるのかを見ていきましょう。

パン屋さんに就職する

みなさんがパン職人と聞いてイメージするものに一番近い働き方をしているのが、パン屋さんで働いているパン職人でしょう。

パン屋さんにはチェーン店と個人経営のものがありますが、どちらも基本的にお店で1からパンを製造している点は一緒です。

チェーン店のパン屋さんであればアルバイトを募集していることも多いので、働きながら夢のための勉強もできます。

ホテルやレストランに就職する

ホテルやレストランなどの飲食店でも焼きたてのパンを提供するためにパン職人が必要とされています。

高級ホテルでパンを作れるようになったらと考えるとわくわくしますよね。

パン屋さんのパン製造と違うのは、一緒に提供される料理に合うかどうかを常に意識しなければならない点です。

製パン会社に就職する

製パン会社のパンは1から人の手で作っているわけではありませんが、製パンの知識を学んだ人材が必要とされます。

大手企業になれば給料も高いので、安定するでしょう。

しかし、大手製パン会社への就職を狙うとなると学歴が必要になるので、専門学校や大学などに通わないと厳しいかも知れません。

自分でパン屋を開業する

パン屋を開業して自営業を始めるというのも選択肢の一つです。

ただし、パン屋を開業するにはパンの製造に関する知識はもちろん、経営についても知識も必要になるので、パン屋さんで何年か働き、実力をつけた後に開業するパターンが多いようです。

専門学校を卒業すれば開業サポートなども受けられるので、心強いでしょう。

パン職人(ブーランジェ)に求められるスキルや資格とは?


パン職人(ブーランジェ)は様々な業務を要領良くこなせなくてはなりません。

そのため、物事を効率良く進める手際の良さや、トラブルが起こっても臨機応変に対応できるスキルが必要になります。

また、パンの製造はチームで行う作業なのでコミュニケーション力も欠かせません。

これらのスキルを高校生の段階でもっていなかったとしても、専門学校に通ううちに身についていくでしょう。

パン職人を目指すにあたって、持っていると有利になりやすい資格も存在します。

国家資格のパン製造技能士をもっているとパン製造の知識が認められるので、信頼性が高い資格です。

その他にも、パンコーディネーターやパンマイスター、パンアドバイザー、パンシェルジュといった民間資格もあります。

必須な資格ではありませんが、これらの資格をもっていることでパンについての知識をアピールすることができるでしょう。

パン職人(ブーランジェ)を目指すなら専門学校に通うのがおすすめ


高校生からパン職人(ブーランジェ)を目指すのであれば、専門学校に通うことをおすすめします。

専門学校では、プロの指導を毎日受けることができる上に、同じ夢をもった仲間から刺激をもらえるからです。

中でもおすすめなのは、神戸の中心・三宮駅から徒歩圏内の神戸製菓専門学校。

神戸製菓なら、数多くの調理実習で本場さながらの雰囲気を体験することができるだけでなく、学校近辺の製パン関係のアルバイト紹介や、卒業後の開業サポートなどのサービスも充実しています。

パン職人(ブーランジェ)になりたいのであれば、ぜひ一度神戸製菓専門学校の無料のオープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか。

卒業生メッセージ
オープンキャンパス