パン屋さんを開業して自分のお店を持つには

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

パン屋さんを開業して自分のお店を持つにはパン屋さんを開業して自分のお店を持つことに憧れを持っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、パン屋さんを開業するための知識がない状態だと、「失敗したらどうしよう?」と不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、自分に合った方法でパン屋さんを開業するために必要なことをまとめて解説していきます。

店舗のコンセプトや資金の集め方、資金の使い方など、開業する前から計画的に準備を行うことで、パン屋さんを長い間安定して経営していけるようになります。

必要な資金や資格についてもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 

パン屋さん開業に必要な資金

資金集めのイメージ width=パン屋さんを開業する場合、それなりのお金が必要になります。

いくら必要なのかは、パン屋さんの規模や立地によって違うため「これだけあれば足りる」というのはありませんが、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

それが以下の3点です。

  • 店舗
  • 器具
  • 人件費

より詳しくご紹介していきます。

店舗

パン屋さんを開業するにあたって必要となる資金は、およそ300万円から1000万円ほどです。

中でも、店舗にかかるお金は大きくなります。

選ぶ物件により違ってきますが、初期費用として50万円~300万円程度かかると考えておきましょう。

また、コンセプトに合わせて店舗の見た目を工事することも多いため、内装や外装の工事費用も一緒に考えておく必要があります。

さらに、立地選びも重要になってきます。

パン屋さんの需要がある場所かどうか、人通りは多いか少ないかなどリサーチしておきましょう。

器具

パン屋さんの開業にあたって準備をする専用の厨房器具を揃えるためには、ある程度のお金がかかると考えておきましょう。

また、お店で扱う商品が多くなればなるほど、器具に掛かる費用が多くなるということを念頭に入れておく必要があります。

パンの種類によっても揃える器具は違うため、作るパンの種類が多いとそれだけ必要になる器具も増えてしまうからです。

開業前にパンの種類をある程度決めて、それに使用する器具を準備するようにしましょう。

人件費

また、パン屋さんを実際に経営する際にかかるお金についても、開業前に考えておくことが大切です。

人件費は経営していく上で月々にかかるお金です。

パン屋さんをオープンしたての頃は、知名度もあまりない状態なので、売り上げが少なくなってしまう日もあります。

しかし、一緒に働いてくれるスタッフにはお給料を払わなくてはいけません。

開業前には十分な資金を準備しておくようにしましょう。

パン屋さん開業に必要な資格・免許とは

パン屋さんの開業にはお金が必要ということでしたが、お金以外にもお店を開くのには必要なものがあります。

それが資格・免許です。

ここからはパン屋さんの開業のために持っておきたい資格や免許についてご紹介していきます。

パン製造技能士

パン製造技能士はお客さんに出すためにパンを作るために必要な資格です。

学科試験と実技試験で分かれているため、しっかりと勉強しながらもパンを作る技術も磨いていく必要があります。

難易度は特級から3級まで用意されているため、特級を取れるように頑張りましょう。

参考URL:「厚生労働省 都道府県職業能力開発協会が実施する試験の内容」

食品衛生責任者

お客さんに食べ物や飲み物を提供するときに必要になるのが食品衛生責任者申請です。

資格や免許ではなく申請ですが、食品衛生協会が開催している講習を受講すれば取得可能となっています。

場合によっては1~2ヶ月先くらいまで講習が満席になっていることもあるので、申し込みは早め早めにやっておきましょう。

参考URL:食品衛生責任者養成講習会「受講要領」

飲食店営業許可

こちらも資格や免許ではなく申請ですが、飲食店を営業する場合は必ず「飲食店営業許可申請」を保健所に提出します。

お店の設備に関する細かい規定がありますので、工事の前に専門の人と保健所に相談に行くのがおすすめです。

パン屋さんの開業までのスケジュールを考えて、工事が完了する少し前に店の見取り図や食品衛生責任者手帳、手数料と共に手続きを終わらせておきましょう。

参考URL:東京都福祉保健局「営業許可を取得するための流れ(一般営業)」

菓子製造許可

パン屋さんではテイクアウトを利用するお客さんも多いので、「菓子製造業許可申請」の手続きも済ませておきましょう。

「菓子製造業許可申請」はお客さんがお店の食べ物をテイクアウトすることが多くなる場合には必要になります。

ただし、菓子製造許可申請が必要な場合、厨房を密室にするため、通常のカフェよりも厨房工事費が高くなることもあります。

お店の物件を契約して設計に入る段階で、指定の保健所に確認、資金の確認をするようにしましょう。

参考URL:新宿区「営業許可業種と申請手数料一覧」

どんなパン屋さんにするかコンセプトを考える

パンの材料のイメージ開業前にやることとして最初に考えておきたいのが、コンセプトです。

パン屋さんのコンセプトによって、店内のレイアウトや揃えるべき器具は変わります。

そのため、コンセプトが資金の金額を決める要素にもなるんですね。

どのようにコンセプトを決めるのが良いのか見ていきましょう。

メニューを考える

メニューを考えることが、パン屋さんのコンセプトを決める第一歩になります。

他のパン屋さんとどんな部分が違うのか、またどのパンを看板商品として売っていきたいのかを考えてみましょう。

お店のレイアウトを考える

また、どんなお店にしたいか、レイアウトを考えたりするのも良いでしょう。

例えば、落ち着いた雰囲気にしたいのか、家族や学生が集まる賑やかな雰囲気にしたいのかを考えるだけでも、方向性が決まってきますよ。

人気なお店を参考にしてみる

自分ではどうにもうまく考えられないという場合は、人気なお店を参考にしてみましょう。

すでに人気があるパン屋さんは、味だけでなくコンセプトや立地などにこだわっていることが多いです。

色々なパン屋さんを参考にしているうちに、「自分ならこんなパン屋さんにしたい!」というイメージがつきますよ。

まとめ

パン屋さんの開業についてご紹介してきました。

パン屋さんを開業する時に必要な器具や、考えなくてはならないことも多いなと感じた方もいたのではないでしょうか。

しかしその分、やりがいはとても大きなものになります。

美味しいパンで多くの人を幸せにしたいと思っているのなら、ぜひこの記事を参考にパン屋さんの開業を考えてみてくださいね。

卒業生メッセージ
オープンキャンパス