カフェオーナーの年収はいくら?収入や開業時のポイントをご紹介

  • LINEで送る
神戸製菓専門学校ロゴ 神戸製菓専門学校

この記事の執筆者神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

神戸製菓専門学校ロゴ
この記事の執筆者

神戸製菓専門学校

神戸製菓専門学校

お菓子・パンの本場 “神戸“にある製菓・製パンに特化した専門学校です。 三宮駅から徒歩10分。国家資格合格率3年連続100%の製菓本科(昼2年制)、毎日実習で製菓技術の基礎から応用まで身につけるスイーツ科(昼1年制)、関西唯一、1年間でパン作りの知識・技術を身につける製パン本科(昼1年制)、全国的にも珍しい夜間課程、働きながら製菓・製パン技術を身につけることが出来るお菓子専科(夜1年制)、4つの学科があります。

カフェオーナーの年収はいくら?収入や開業時のポイントをご紹介
カフェオーナーをめざす人にとって、年収は気になるポイントの一つでしょう。

カフェオーナーはカフェスタッフとは違って、お店を経営していかなければならないという厳しさがあります。

この記事では、カフェオーナーの年収や厳しさ、年収を上げる方法についてご紹介していきます。

カフェと喫茶店は何が違うの?

カフェと喫茶店は何が違うの?皆さんはカフェと喫茶店の違いをご存知でしょうか。

この2つの主な違いは、開店時に届け出る営業許可の種類です。

基本的にカフェでは飲食店営業許可の取得が必要ですが、喫茶店の場合はそれよりも取得が簡単な喫茶店営業許可で開業が可能となります。

飲食店営業許可

カフェの経営には、飲食営業許可の取得が必要です。

飲食営業許可を取得すると、お店でアルコールの提供や、パスタなどの幅広い飲食物の提供が可能になります。

喫茶店営業許可

カフェに対して喫茶店は、喫茶店営業許可があれば開業できます。

喫茶店営業許可は、飲食店営業許可に比べて取得しやすいです。

しかしそのかわり、アルコールが提供できない、フードメニューはケーキのような菓子類やトーストなど簡単な加熱調理の類に限るなど、お店で提供できるものに一部制限があります。

このため喫茶店を名乗っていても、幅広いメニューを展開するために、実際には飲食店営業許可を取得しているというお店も少なくありません。

カフェオーナーの年収ってどれくらい?

カフェオーナーの年収は集客率やメニューによって差が出ますが、平均的には200〜500万円ほどです。

人気のカフェの場合は1日の集客数が数百人に上ることも珍しくありませんが、そうでない場合は1日の集客数が数十人ほどになることもあります。

黒字のカフェであれば最低でも200万円ほどの収入があることが多いです。

ちなみにカフェの経営が軌道に乗るまでの目安は、大体半年〜1年といわれています。

それまでに資金不足で行き詰まったりしないよう、お店の規模や立地、従業員数などに合わせて、カフェ経営にかかる費用を開業時にしっかりと計算をしておきましょう。

カフェオーナーの厳しさ

カフェオーナーの厳しさ自分のお店を経営するカフェオーナーに憧れがある人も多いでしょう。

しかし、カフェオーナーは自身がカフェの責任者であると同時に経営者でもあるので、経営の厳しさに直面することがほとんどです。

カフェオーナーの厳しさについて理解しておきましょう。

開業時は生活費すら厳しい状態を覚悟しておく

夢であるカフェオーナーになれたとしても、そこからカフェを人気店にして売り上げを増やすことは簡単ではありません。

1日の来店数が数えるほどしかないケースや、月収が10万円以下しかないというケースもあります。

カフェを開業するのであれば、数ヶ月はカフェ経営では食べていけないという可能性も視野に入れて行動しましょう。

飲食店の利益率の目安

一般的に飲食店経営は、営業利益率が10%あれば、その経営状態は良好だといわれています。

このためカフェを経営する場合も同様に、営業利益率10%を目標にすると良いでしょう。

営業利益率とは、売上高から家賃や食材費、人件費などの支出を引いて残った金額の割合を表したものです。

カフェオーナーの年収を上げる方法

カフェオーナーの年収を上げる方法カフェオーナーの年収を上げたいのであれば、カフェの集客数を増やせるように工夫をする、フランチャイズ制度を利用するといった方法が有効です。

カフェオーナーの年収を上げる方法について詳しく解説していきます。

カフェが人気店になるように経営する

カフェにお客さんが来なければ収益につながりません。

最初のうちは初めて来てくれるお客さんが多くなりますが、重要なのはそこからお店のファン・リピーターを増やすことです。

リピーターを増やすためには、大手チェーン店にはないメニューやサービスで差別化しつつも、お客さんのニーズに合わせる必要があります。

人気店にするためには、おいしくて見た目が可愛いまたはキレイなドリンクや食べ物を提供できるかどうかも大事です。

メニューの開発やバリスタ、調理スタッフの技術磨きと同時にネットやSNSを使った集客をするなどの試行錯誤をしましょう。

また、既に人気があるカフェに行ってみて人気になった理由を調査するなど、人気店に関する情報収集も有効です。

フランチャイズ制度を利用する

自分の経営スキルに自信がないけど、カフェを営業したいという場合は、フランチャイズ制度を利用するというのも一つの手段です。

大手の数はそこまで多くありませんが、フランチャイズ制度を導入すれば、チェーン店のメニューやサービス、経営のノウハウなどをそのままに営業することが可能になります。

そのほか、本部からの支援も受けられるので、完全に独立するよりも収入が安定しやすくて安心です。

しかし、一度フランチャイズを利用してカフェを開業した場合には独立の制限がかかる場合があるので、加盟する時に契約内容をよく見るようにしましょう。

カフェオーナーになるなら専門学校で学ぼう

カフェオーナーになるなら専門学校で学ぼうカフェオーナーをめざすのであれば専門学校で経営やコーヒー、スイーツの基礎知識を身につけることをおすすめします。

特におすすめなのは、神戸の中心、三宮駅から徒歩で通える神戸製菓専門学校です。

神戸製菓専門学校のお菓子専科、カフェ・バリスタ専攻ではカフェオーナーに必要な知識や技術を習得できます。

お菓子専科は夜間1年制のため、仕事をしながら夢のための勉強をすることも可能です。

また、製菓本科(昼2年制)で履修できるカフェゼミでは、カフェメニューの開発やドリンク、ラテアートの専門知識を研究できます。

ぜひ無料のオープンキャンパスや資料請求を利用してみてはいかがでしょうか。

パティシエを目指すなら神戸製菓専門学校で学びませんか?

パティシエや和菓子職人、カフェオーナーなどを目指したいのであれば、神戸の中心・三宮駅から徒歩10分のところにある神戸製菓専門学校がおすすめです。

製菓本科では、在学中に国家資格「製菓衛生師」の取得を目指すことができ、卒業後は国家検定「菓子製造技能士2級」の受験資格も得られます。

なお、国家資格「製菓衛生師」の合格率は3年連続100%です。

製菓本科 PCバナー
製菓本科 SPバナー

お菓子専科では、洋菓子実習や製パン実習、実際の店舗を想定した店舗実習を通して、現場ですぐに活躍できる実践力を身につけます。オンラインでの個別相談会も受付中です。

お菓子専科 PCバナー
お菓子専科 SPバナー
卒業生メッセージ
オープンキャンパス