神戸製菓専門学校
神戸にあるお菓子とパンの学校

『パパベル』に内定をいただきました!

2017.11.28 | 就職・内定者情報

見事、ほしUターン就職ほしを決めた製パン本科のお二人にインタビュー!

東山・西森

写真左:東山駆さん(愛媛県 未来高等学校出身)
写真右:西森柚貴さん(高知県立清水高等学校出身)
内定先:パパベル
 

Q.パパベルに興味を持ったきっかけは?
東山:学校で開催された会社説明会に参加したことです。パンがおいしいだけでなく、お客様に満足してもらうための環境作りがとてもいいと感じたので、受験を決めました。
西森:僕もきっかけは会社説明会でした。会社の雰囲気やイベントが魅力的に感じられたことと、研修に力を入れていることも大きなポイントでした。
 

Q.就職活動はどんな風に取り組みましたか?
東山:特に頑張ったのは面接の対策です278784クラスメートに自分の長所や短所を聞きながら自己アピールを考えました。先生にも相談しながら、自分の伝えたいことがはっきり言葉に出来るように頭の中を整理して本番に臨みました。
西森:まずは企業研究に取り組みました。受験を決めてからは、履歴書やお礼状の指導、面接練習を受けました。就職活動自体が初めてのことで、分からないことがたくさんありましたが、先生にサポートしてもらったので、安心か6644~1して就職活動に励むことが出来ました78
 

Q.ふたりのこれからの目標を教えて下さい。
東山:卒業後、現場で活かせるように、一つひとつの授業を大切にしようと思います。就職活動を通して学んだ、「気になったことは積極的に聞く」という姿勢を、これからも意識して、有意義な学生生活を過ごしたいです25
西森:パパベルに入社したら、お客様や一緒に働くスタッフの皆さんに好かれるよう、努力していきたいと思います。現場でしっかり活躍出来るよう、真面目にコツコツと技術を身につけていきたいです☆記号~4
 

内定おめでとうございます7
ブーランジェとしてのふたりの活躍が楽しみですね315899205299