職業実践専門課程について

平成26年度より文部科学省が新たに創設した学校制度「職業実践専門課程」がスタートします。
これは、より実践的な職業教育に取り組んでいる専門学校を文部科学大臣が認定するもので、開校以来、「実学教育」「人間教育」「国際教育」の理念の下、即戦力となる職業人教育を行ってきた本校も認定されました。
今後とも、業界と直結した専門学校としてスペシャリストを目指す学生一人ひとりの夢の実現をサポートしていきます。

認定学科

製菓本科

※ 上記以外の学科は、修学年限等により申請要件に該当しませんが、認定学科と同等の実践教育を行っています。

「職業実践専門課程」の概要

(平成25年8月30日文部科学生涯学習政策局通知より)

【目的】

  1. 修業年限が2年以上であること。
  2. 専攻分野に関する企業・団体(以下「企業」)との連携体制を確保して、授業科目の開設、その他の教育課程の編成を行っていること。
  3. 企業等と連携して実習、実技、実験また演習の授業を行っていること。
  4. 全過程の終了に必要な総授業時間数が1,700単位時間以上または総単位数が62単位以上であること。
  5. 企業等と連携して、教員に対し、専攻分野における実務に関する研修を組織的に行っていること。
  6. 学校教育法施行規則第189条において準用する同規則第67条に定める評価を行い、その結果を公表していること。
  7. 前号の評価を行うことに当たっては、当該専修学校の関係者として、企業等の役員又は職員を参画させていること。
  8. 企業等との連携及び協力の推進に資するため、企業等に対し、当該専修学校の教育活動その他の学校運営の状況に関する情報を提供していること。