大好きなパンの作り手になりたい。製パン本科で 31 歳からの挑戦!

2022.09.29 | 製パン本科在校生・卒業生インタビュー

製パン本科 Tさん(入学時31歳)


~Tさんの進路決定までのスケジュール~

2021年8月 パンフレットを資料請求

→10月 社会人説明会に参加して在校生から情報を得る

→11月 オープンキャンパスで製パン実習を体験

→12月 実習見学会に参加し授業の雰囲気を確かめてAOエントリー

-----------------------------------------------------------

◼️Tさんは31歳で入学されたとのことですが、パンを学びたいと思ったのは何かきっかけがあったんですか?

私は大学を卒業して9年間、食品関係の会社に勤めていて、パンの仕入れ担当をやっていました。そんな中で、パン職人の方からお話を聞くこともあったのですが、熱い思いを持たれている方が多く、かっこいい!私も食べることは好きだけど作り手にもなってみたい!と胸を打たれたんです。学校へ行かずパン屋さんに転職するかどうかも悩みましたが、作ることは未経験だったので技術を0から学んでみたいと思いました。そして、1年間でもっとパンのことを知って、もっとパンのことを好きになってから現場に出るのもいいなと思って、進学を決めました。

◼️入学前不安だったことはありましたか?

31歳での入学だったので馴染めるか不安でしたが、大丈夫でした!製パン実習はチームで行うことが多いので自然と団結力も高まっていきます。なによりも、私たち既卒者が思っているよりも、みんな年齢を気にしていないんだなということがわかりました!笑 いろんな年齢の方がいることで発見できることもあり、楽しい学生ライフを過ごしています

◼️入学して半年、授業を受けてみていかがですか?

パン作りの基本を教わる中で、生地作りから焼成まで要領がわかってきました。私は将来、ベーグル通販専門店を開くことが目標なのですが、パンの作り方はもちろん、材料の事や店舗経営のことも勉強できるのが役に立っていると感じます。

◼️最後に悩まれている方にメッセージをお願いします!
大好きなパンを学べる日々はとても充実しています。学ぶことは何歳からでも可能です!ぜひ一緒に夢を叶えましょう!

 

★昨年は参加者だったTさんが今度は在校生スタッフとして登場する「社会人説明会」はコチラ

★じっくり体験実習をして進学を検討したい方のオススメの「オープンキャンパス」はコチラ

★普段の専門学校の授業風景を見てイメージを固めたい方にオススメの「実習見学会」はコチラ