★製パン本科★これからの人生で長く続けたかったのでパンを選びました。

2021.06.29 | 製パン本科在校生・卒業生インタビュー

植草 祐美さん(入学当時35歳)

~経歴~

新卒で銀行職員として入職⇒退職

その後、幼児教室・事務⇒飲食店でアルバイト

 

●製パンを学ぼうと思ったきっかけは?

銀行員や事務員という仕事をずっと続けていくイメージが持てず、何か手に職をつけてみたいという思いをずっともっていました。

そんな時に親子パン教室に参加した時、とにかくパン作りが楽しかったんです。

パン教室のような形であれば、今のライフスタイルを大きく変えずに働くことができますし、

長く続けることができると思い、パン作りをもっと真剣に学びたいと思うようになりました。

 

●製パン本科を選んだ理由は?

製パン本科を選んだ理由は ①パンの実習量がとにかく多い ②毎日パンに関する勉強ができる 

の2つが大きな理由でした。

一般のパン教室とも悩みましたが、今後も長く続けていきたいという思いが強かったので、1からしっかりと技術を身に付けたかったんです。

オープンキャンパスや個別相談でしっかり話を聞いて、製パン本科の実習量とカリキュラムなら安心して学ぶことができると思い、製パン本科に決めました。

●社会人経験からの入学ということで不安はなかったですか?

不安はもちろんありました。

毎日、授業や実習があるため、体力的についていけるか心配がありました。

 

●その不安は今ではどうですか?

実習はどんどん仕込んで、技術を吸収できるので毎日が楽しいです。

また現場で活躍されていたプロの技を間近でじっくりと見ることができ、また先生が常に近くにいてくださるので

たくさん質問することができるのも魅力ですね。

授業では理論的なことも学べるので、何でこうするのか?がわかるのがすごく楽しいです。

また、クラスの雰囲気がとてもいいので、年齢関係なく、みんな協力しながら実習ができています。

パン職人になるという同じ夢を持っている人がいることにも安心しました。

 

●将来の夢は何ですか?

親子パン教室を開くことです!

私がパンを志すきっかけになったパン教室のような、親子や家族向け「手作りのパン」教室を開きたいと思っています。

そのために、今は発酵も見極めることを意識して頑張っています。

先生のように、柔らかい食感で断面も綺麗なパンを作れるようになりたいですね。

 

植草さん、ありがとうございます!

素敵なパン教室の開業を目指して、頑張ってくださいね!!

 

■西日本唯一、1年間でパン職人を目指せる 製パン本科(昼1年制)の詳細はコチラから

■実際にパン作りを体験できるオープンキャンパスはコチラから

■社会人・既卒の方向けページはコチラから