神戸製菓専門学校について

パティシエ、ブーランジェの夢を一緒に叶えましょう!設備、サポート体制、教員、職員も…とことん『学生思い』が神戸製菓の魅力です。

神戸製菓専門学校は、平成15年に開校した「製菓と製パン」の学校です。本校で学ぶ全ての学生に「お菓子づくり・パンづくり」の楽しさ、「おいしさ」を届ける幸せを見つけ、充実した学生生活を送ってほしい。そして、それぞれの夢を実現し、自分の思い描く未来をつかんでほしい。……そんな思いで、これまでお菓子・パンのプロをめざすみなさんをバックアップしてきました。

一流の講師陣、プロと同じ設備が並ぶリアルな環境、現場実習ができる学校直営のカフェ、あらゆるお菓子・パンづくりが学べる圧倒的な実習時間、そして、学生一人ひとりをサポートする担任や、資格取得と就職のための徹底したサポート制度。 本校で学ぶ一人ひとりが、夢に向かって本気で学び、安心して過ごせる学校づくりを目指しています。

神戸製菓の4つのダ・カ・ラ神戸製菓の4つのダ・カ・ラ

  1. 神戸製菓の3つのこだわりを
    徹底的にマスター。

    プロとしての技術と
    ココロをしっかり育てる。

    3つのこだわりについて

  2. “作る楽しさ”わかる学びと業界を
    意識したカリキュラムで、
    なりたい自分を実現する4つの学科。

    めざす業界が求める
    パティシエ・ブーランジェになる。

    神戸製菓の学科について

  3. 入学と同時にスタートする
    就職サポート。

    一人ひとりが希望する
    就職を実現!

    就職サポートについて

  4. 神戸という街だからこそ磨ける感性。
    神戸製菓だからこそ経験できる成長。

    他の誰でもない、自分らしい
    パティシエ・ブーランジェになる。

    就職実績について

校長先生からのメッセージ

夢への扉 神戸製菓
~パティシエ・ブーランジェを夢みる皆さんへ~

人に元気と笑顔、喜びを与えてくれる仕事、それがパティシエ(洋菓子職人)・ブーランジェ(パン職人)であり、和菓子職人です。それほどお菓子やパンは人をニコニコ、ワクワクさせてくれます。一方で、それらは農産物や乳製品など材料を加工し、食品として多くの方が口にされるものですから、安全・安心が基本です。食に関する幅広い知識と確かな技術を身につけ、おいしさを追求しましょう。神戸製菓専門学校は、パティシエ・ブーランジェになる夢を叶えようとする皆さんの最大の応援団です。

神戸製菓専門学校
校長 川口 延子