活躍する卒業生

PATISSIER

ノバレーゼ アマンダンセイル 勤務

櫻井 綾乃さん

Harborfields High School出身
お菓子専科2017年3月卒業

お客様の気持ちに寄り添い120%の結婚式になるように。

アメリカの大学在学中から、パティシエをめざしていました。帰国の度、日本のケーキの繊細な美しさに魅了され、出身地に近い神戸製菓に入学しました。パティシエをめざした頃からブライダル業界に興味を持っていたので今の会社に就職を決めました。平日はレストラン営業を行っているので、デザートビュッフェの仕込みをしながら、週末の婚礼の準備を進めています。仕事を本当に楽しめるようになったのは2年目からです。できることが増えて、いろいろな仕事をさせていただけるようになったから。今の職場はやりたい気持ちがあれば、新しい仕事をさせていただける環境なので、仕事の幅もどんどん広がり、自分の自信にもつながっていると思います。

新郎新婦の一生に一度の大切な日に込める気持ちに応えるのが私の仕事。

今回、新郎新婦とのウエディングケーキの打ち合わせに参加する機会をいただきました。事前にお二人のお顔を見てお話を聞かせていただくことで、よりお二人の気持ちに寄り添えたケーキ作りができると思っています。私の作ったウエディングケーキがケーキ入刀という記念のお写真に収められると思うと、うれしさでいっぱいになります。

新郎新婦の一生に一度の大切な日に込める気持ちに応えるのが私の仕事。パティシエの立場から、どうすれば120%の結婚式にすることができるだろうか、という思いで日々、仕事に取り組んでいます。また後輩を指導する立場にもなり、自身のレベルアップも手が抜けません。今はパティシエとしてやってみたいことを、すべてできるまで頑張っていきたいと思っています。