★大学から再進学で製パン本科に入学!前川さんをインタビューしました!★

2023.01.25 | オープンキャンパス学生ブログ製パン本科在校生・卒業生インタビュー

関西唯一、パン中心で1年間学べる神戸製菓の製パン本科!年齢を問わずパンが大好きな人たちが集っています。

今回は大学を中退後、製パン本科に再進学した前川絢音さんにお話を伺いました!

製パン本科 前川絢音さん(四天王寺高等学校出身 入学時20歳)

 

★前川さんの進路決定までのスケジュール★

2022年1月下旬 資料請求をしてオープンキャンパス情報を取得

2022年2月上旬 実際に来校して製パン本科の実習を見学

2022年2月上旬 オープンキャンパスでパン作りを体験し当日AOエントリー&面接

2022年2月中旬 書類を揃えて出願し合格

 

■大学を辞めて再進学しようと思ったのはなぜですか?

新体操のスポーツ推薦で入学した大学で2年生のときに怪我をしてしまったのがきっかけでした。中退するか悩みましたが、部活という大きな目標を失って残りの2年間通い続ける意味を見出せず、両親や高校の先生にも相談して心機一転、「好きなことを学びたい」という結論に至りました。

■再進学で製パン分野を選んだ理由は?なぜ夢を叶える場所として神戸製菓の製パン本科を選びましたか?

前川家は朝はパン派です(笑)製菓や調理も好きだったので悩みましたが、家族揃ってパンが大好きで、どうやって作るのか特に興味がありました。

 

神戸製菓以外の学校も調べたり見学に行ったりしましたが、「1年間でパンをしっかり学べるのはココだけだ」と知って、オープンキャンパス参加後すぐにAOエントリーしました。再進学だったので、1年も無駄にしたくはありませんでした

■早くも入学してもうすぐ1年間が経ちますね。実際に学んでみての感想を教えてください!

正直、1年でここまでできるとは思ってませんでした。パンのことは何もわからない状態でしたが、機械の使い方や生地の作り方、丸め方など本当に1から丁寧に教えていただけたので、自信がつきました。

160種類以上、全て計量から焼成まで経験できて、「今日はどんなパンを学べるのかな」と毎回の実習がとても楽しみです。

パン屋さんに行って並んでいるパンを見ても「このパンはこうやって作ったんだろうな」とわかるようになりました。

 

■専門学校に再進学してよかったと思うことはありますか?

土日はパン屋さんでアルバイトをしていますが、専門用語などを言われてもすぐに理解して実行できるので、やっぱり勉強していてよかったです。いきなり働いていたらついていけなかったと思います。

 

最初は就職できるか不安でしたが、校内で開催される企業説明会も多かったので、情報を得る機会が多くて良かったです。無事に大手のベーカリーで内定をいただけました。

 

■最後に将来の夢&再進学を考えている方へ応援メッセージをお願いします!

将来は小さいお店でいいので、地元でいろんな年代の人たちから好かれるようなパン屋さんを開業したいです。

再進学で最初は年齢のことも少し気にしていましたが、班のみんなとも協力して実習する中で自然と仲良くなれました。技術面も先生に近くで1から丁寧に教えてもらえるので大丈夫です。パンが好きな人はぜひ製パン本科を考えてみてください!

 

*パン作りを体験して進路を検討できる「オープンキャンパス」はコチラ↓

【オープンキャンパス】

*実際の授業を見学できる「実習見学会」はコチラ↓