和菓子職人

和菓子職人とは?どんなシゴト?

和菓子職人とは、日本伝統の製法でお菓子をつくる人のこと。働く場所は、和菓子店、日本料理店、和カフェなどがあります。季節を大切にし、四季折々のお菓子をつくります。上生菓子・半生菓子・干菓子など沢山の種類があります。歴史がある業界だけに、日本各地に多くの老舗や有名店があります。 日本の心である「和菓子」。その伝統を受け継ぐもの・・・それが和菓子職人の仕事です。

和菓子職人

主な活躍場所

上生菓子店 和菓子店 甘味処

和菓子職人を目指せる!神戸製菓の4学科

製菓本科 昼2年制

1,440時間の実習・演習で作って、学んで、プロのパティシエをめざす!

製菓衛生師科 昼1年制

1年間で、お菓子のすべてを集中的に学び、国家資格「製菓衛生師」をめざす!

お菓子専科 夜1年制

「働きながら」「大学・短大・専門学校に通いながら」お菓子のプロをめざす。

卒業生メッセージ
オープンキャンパス

神戸製菓で目指せる職業