パン職人(ブーランジェ)

パン職人(ブーランジェ)とは?どんなシゴト?

ブーランジェとは、「パン職人」を意味するフランス語です。クロワッサンなどのフランス伝統の味から、食パン・総菜パン、ドーナツなどのお菓子まで、パン職人が手がける世界はワールドワイド! 働く場所としては、ベーカリー、ホテルの製パン部門、レストラン、企業の商品企画・開発、開業などが挙げられます。お客様の嬉しそうな顔が見れたり、「おいしかった」の一言でとても幸せな気持ちになれたり、自分が作ったもので、人を幸せにできる。それがブーランジェの仕事です。

ブーランジェ

主な活躍場所

ベーカリーショップ ホテル 独立・開業 ベーカリーカフェ 製パンメーカー

ブーランジェを目指せる!神戸製菓の4学科

製菓本科 昼2年制

1,440時間の実習・演習で作って、学んで、プロのパティシエをめざす!

製菓衛生師科 昼1年制

1年間で、お菓子のすべてを集中的に学び、国家資格「製菓衛生師」をめざす!

製パン本科 昼1年制

ベーカリーに並ぶいろいろなパンが作れるように、1年間で製パン技術を身につける!

お菓子専科 夜1年制

「働きながら」「大学・短大・専門学校に通いながら」お菓子のプロをめざす。

卒業生メッセージ
オープンキャンパス

神戸製菓で目指せる職業