活躍する卒業生

PATISSIER

株式会社 シュゼット 勤務

佐々木 靖朋さん

兵庫県 神戸大学出身
お菓子専科 2013年3月卒業

今の仕事の内容を教えてください。

スポンジやパイ、ビスキュイなど、あらゆるお菓子のベースとなるパーツ(半製品)を焼く、ベーカーという部署で働いています。西日本で販売する商品の半製品は、すべてここでまかなっているため、私たちが遅れると次に待っている仕上げの作業も遅れ、さらには店舗への発送も遅れます。常にスケジュール調整と管理が必要な仕事です。

この仕事のやりがいは何ですか?

例えば僕が焼いたシューは西日本全域に届けられるため、お客様が買われたシューは、どれをとっても 僕が作っているということにやりがいを感じます。家族や友だちに胸を張って「自分の焼いたお菓子だ」と言えることや、店舗で僕の作った商品が売れるのを見た時、とても嬉しく思います。全商品のおいしさのベースを作っているという責任感も、やりがいや達成感につながっています。

プロとして心がけていることは何ですか?

「お客様のことを忘れない」ということです。気持ちよく手にして食べていただけるよう、100%ベストな状態でお届けすることを心がけています。工場にいるとお客様の顔や反応を直接見ることは難しいけれど、自分の作業をするためだけのお菓子作りではなく、お客様がお菓子を囲むシーンをイメージしながら、喜んで食べていただくためのお菓子作りであることを常に心に留めています。

同じ夢を持つ後輩たちにメッセージを。

昼間は大学、夜は神戸製菓に通うWスクールを1年間続けました。踏み出したら前へ進むしかないと思って、やり切ることができました。みなさんも夢をかなえたいと思ったら、まず一歩踏み出してみてください。迷っているよりチャレンジしてみれば、絶対に成し遂げられます。