神戸製菓専門学校
神戸にあるお菓子とパンの学校

活躍する卒業生

PATISSIER

ダンマルシェ大阪工場 勤務

中市 晃成さん

兵庫県立明石北高等学校出身
製パン本科 2007年3月卒業

「また買いに来るよ」とお客様に言って頂けるヒット商品を作っていきたい。

実家がブーランジェリーなので、僕も昔からパン作りに興味があり、いつの間にかパンとともに人生を歩むようになっていました。店では仕込みから成形、窯のパン作りから接客までを行っています。カスタードクリームや餡、ピザソースやカレーフィリングなどすべて自家製造なので、そういったところにもやりがいを感じています。どの仕事にも共通していると思いますが、挨拶がいちばん大切な事だと思っています。特にこの仕事では、連携プレーが日常的なので、気持ちのいいコミュニケーションを心がけています。自分で新商品を考え、お客様から「おいしい」と言われたとき、この仕事を選んでよかったと実感します。現在、製造チーフとして任されているので、売り上げを伸ばし、お客様に「また来るよ」と言って頂けるような商品を作っていきたいと思います。そして後輩の育成も、これからの目標です。

厳しい環境だからこそ養われる力があります。

神戸は、関西のなかでもパンの激戦区だと僕は思っています。だからこそ、プロとしての力をつけるにふさわしい場所だと思います。神戸製菓では、ブーランジェとしての実力はもちろん、社会人としてのあり方も指導して頂きました。特に挨拶など基本の大切さを先生方から常に教えられてきたからこそ、今、プロとして毎日、楽しくそしてやりがいを持って仕事ができるんだと感じています。