活躍する卒業生

BOULANGER

株式会社イスズベーカリー

松浦 由実佳さん

兵庫県立伊川谷高等学校出身
製パン本科 2013年3月卒業

街でお店の袋を持っている方を見ると、仕事への誇りを感じます。

神戸製菓で学んで良かったことは?

実習が多く、丸めやほうあん包餡などパン作りの基本がしっかりと身についたので、現場に出ても、自信を持って仕事ができることです。在学中の思い出は、学園祭です。授業でのパン作りは、自分の技術を上達させるためでしたが、学園祭では、初めてお客様のために作る経験ができました。次々と作ってはお店に出すことが、実際の現場で働いているようでした。

今のお仕事について聞かせてください。

主にパンの成形を担当しています。発酵を終えたパンに卵を塗る窯前仕上げや、包餡、 生地の分割、丸め、食パンの型詰めを行う日もあります。季節や天候によってパン生地の状態が変わるので、同じ仕事でも流れが異なるため、とても難しい仕事ではありますが、その分やりがいを感じます。同じ失敗を繰り返さないよう、いつも気を引き締めて仕事をしています。

これからの夢、目標は?

日によって焼き色の濃い、薄いがないよう窯出しのタイミングに気遣うなど、同じ商品を提供するという点にまだまだ追われています。いずれは、生地の仕込みから焼成までの一通りを、任されることを目標にしています。そして期間限定ではなく、長くお店に置いてもらえるような、お客様に愛される ロングセラー商品を作りたいと思っています。