神戸製菓専門学校
神戸にあるお菓子とパンの学校

『ダンマルシェ』に内定をいただきました!

2018.01.16 | 就職・内定者情報

製菓本科と製パン本科の学生が、『ダンマルシェ』に内定をいただきました!

ダンマルシェ

写真左から:

田中里佳さん(兵庫県立三木高等学校出身)
高田洸さん(F.S播磨西高等学院出身)
津口りのさん(兵庫県 神戸常盤女子高等学校出身)
中西絢さん(兵庫県立播磨南高等学校出身)
内定先:ダンマルシェ
 

今回はそれぞれの就職活動と、これからの目標について語ってもらいました!
 

◆田中さん(製菓本科2年生)の就職活動 ◆
2年生の6月頃から具体的に就職活動を開始しました。会社訪問で、水や食材へのこだわりや、パンだけでなく洋菓子や和菓子の製造もしていることを聞き、この会社で働きたいと思いました。アルバイト研修では、上手くいかないこともありましたが、職場の先輩方が声をかけてくれて、ダンマルシェで働きたい気持ちがより強くなりました。
履歴書指導を何度も受け、自分らしさをどのようにして伝えるか工夫しました。面接練習を何度も繰り返し、本番では落ち着いて臨むことが出来ました。
卒業までの学生生活で技術と知識をさらに身につけて、いつかは商品開発にも挑戦したいと考えています!
 

◆高田さん(製パン本科)の就職活動 ◆
入学後すぐの就職セミナーで、卒業生の先輩から話を聞いた時から、就職を意識し始めました。お店を利用した時に感じた雰囲気がよかったことと、会社訪問で素材へのこだわりについてお話を伺い、絶対ここで働きたい!と思ったことが、受験を決意したきっかけです。
内定を目指して、たくさんの店舗を巡り、企業研究を重ねました。履歴書は何度も指導をしてもらい、自分の気持ちをうまく表現することが出来ました。
現場に出たら、お客様を笑顔に出来るブーランジェになりたいです!これからの学生生活を、悔いのないよう一日一日を大切に過ごしていきたいと思っています。
 

◆津口さん(製パン本科)の就職活動~◆
ダンマルシェは小さい時から大好きなパン屋さんでした。いつもお客様で賑わっていて、お店の雰囲気もよく、企業理念に共感し、ここでたくさんのことを学びたいと思いました。
履歴書指導や面接練習で、自分の気持ちを伝えることの難しさを感じたりもしましたが、先生のサポートもあって、本番ではしっかり思いを伝えることが出来たと感じています。
卒業後は、一日でも早く先輩方に追いつけるように日々努力をし、たくさんの人に笑顔になってもらえるようなパンを作っていきたいです!
 

◆中西さん(製パン本科)の就職活動 ◆
ゴールデンウィーク課題のおかげで、自分が働く姿を想像しながら就職活動をスタート出来たことがよかったと思います。ダンマルシェは常にお客様の出入りがあり活気のあるところに魅力を感じました。また、「焼きたて・揚げたて・作りたて」の“3たて”のために製造技術の向上に努力されているところに熱意を感じ、ここで働きたいと思うようになりました。
面接練習では、先生が私の長所や短所を的確に話してくれました。自分の事を見てくれていることを感じ、とても心強かったです。
これからの学生生活では、現場に出てから後悔することのないように、毎日少しずつでも技術を身につけて、成長していきたいです!
 

皆さん、内定おめでとうございます240775e3828fe383bce38184240775
卒業まであと約3か月。さらなる成長を楽しみにしたい4人です77