神戸製菓専門学校
神戸にあるお菓子とパンの学校

『京菓匠 鶴屋𠮷信』に内定をいただきました!

2017.10.11 | 就職・内定者情報

和菓子の老舗『京菓匠 鶴屋𠮷信』から、製菓衛生師科の学生が内定をいただきました!!

菊地さん

菊地 帆乃花さん(兵庫県立猪名川高等学校出身)
内定先:京菓匠 鶴屋𠮷信
 

Q1.和菓子の業界を目指したのはなぜですか?
入学前のオープンキャンパスで美しい和菓子に触れ、私もこんな和菓子を作りたい、と思うようになりました。神戸製菓に入学後、授業で改めて和菓子の美しさや奥深さを知り、和菓子業界で働きたいという思いが強くなりました。その中で、鶴屋𠮷信の和菓子に感動顔。目~34して、私もこんな和菓子が作りたいと思い、受験を決めました。
 

Q2.就職試験の対策は何をしましたか?
何度も面接練習を受けました。私は緊張してしまい、相手の目を見て話すことがなかなか出来なかったのですが、繰り返し練習したことで、落ち着いてしっかりと目を見て思いを伝えられるようになりました。最後の面接練習のとき、先生に「自信を持っていけば大丈夫!」と言ってもらって、自信を持って本番に臨むことが出来ました124
 

Q3.これからの目標を教えて下さい!
これからの学生生活では、製菓衛生師の資格をとるために勉強勉強_M~4に取り組み、和菓子の知識を今まで以上に積極的に学んでいきたいと思います。現場に出たら、自分で考えて動ける和菓子職人になれるように、日々努力し続け、頑張っていきたいです☆記号~4
※菊地さんが在籍する製菓衛生師科は、卒業と同時に国家資格「製菓衛生師」の受験資格を取得することが出来る学科です。
 
 

高校生の時の経験から、和菓子職人への道を切り開き、夢に向かって一歩一歩、着実に進んでいるという印象を受けました。
これからも夢や目標を持ち、どんどん成長してくれることを期待しています77
菊地さん、本当におめでとう!!